成約件数トップの新卒が教える秘訣「営業1年目で結果を出すには〇〇〇力!」

アイキャッチ

就活中の学生にとって営業職は、「大変そう」「自分に出来るかな」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

MRTでは新卒で営業職に入り、初年度から結果を出している社員がたくさんいます。

今回は2018年新卒で入社し、 1年目で平均の成約件数を圧倒的に上回っていた林原に話を聞いてみました。


 

MRTに入社した理由は?

父が開業医で家の近くにクリニックがあり、仕事をする姿を見て育ちました。

そういった環境から、医師が大変な仕事だということはずっと感じていたので、どういう形であれ医師の役に立てる仕事がしたいと思って就活していました。

医療業界に的を絞って就職活動をしていく中で、MRTは働く人がすごく魅力的で、会社の雰囲気もとても心地よく感じ、「ここで働きたい!」と思いました。
 

地元は海の綺麗な鳥取です♪

営業職で大変だと思ったことは?

渉外部で先生の転職のお手伝いをしています。
先生のご希望にあった転職先の候補をピックアップし、ご興味をお持ちいただけたら面接にお連れする、という仕事です。

私はもともと電話が苦手で、それを変えたいと思っていました。

最初は一件電話をかけるのにも緊張したし、かける前にいろいろ心配になってしまって電話をかけるまでにものすごく時間もかかっていました。

今では全然気にせず電話をかけられるようになったのですが、苦手だという気持ちから逃げずに挑戦し続けた結果なのかなと思います。

仕事をする上で心がけていることは?

メールも電話も結論から簡潔にお伝えできるように意識しています。

特にメールは何回も読み直して、本当にこれで伝わるかどうかをよく考えて送るようにしています。
忙しい先生たちに時間を割いてもらっているので、メールを読んで「つまりどういうこと?」と思われないように気をつけています。

(編集者:先方の要望で困ったな、と思うことはありますか?)

ありますね(笑)
今までの経験上、「この条件は難しいな」と思ったときには先生のためにも正直にお伝えしています。

ただし少しでも可能性のある要望に関しては、徹底的に医療機関に当たって探したり、条件に合うところはないか、検討してくれそうなところはないかを先輩方にも情報を提供してもらい提案するようにしています。

要望に対して医療機関がどのような返答をしたかを先生にお伝えすることで、先生自身も詳しく状況を知ることができますし、その上で「ここは譲れない!」「この条件は変えてもいい」という点を再確認いただいています。
 

新卒ながら結果に結びついたのは要因は?

まず初めに、「わからないことをそのままにしないで、とにかく先輩に聞くこと!」です。
そういった面でも先輩社員がみんなとても優しいし、質問しやすい環境だったのでありがたかったです。

先輩でもわからないことはさらに上に確認してくれたので、疑問を残さずに仕事ができています。

もう一つは、先生の立場に立って考えることです。

医療機関になんとか検討してもらえないか考えたり、先生との面談時に用意した提案書を会話の雰囲気を見て「これは持ってきたけど出さないほうがいいな」とか「これは自信を持っておすすめできるな」とか、先生にとって最善は何かを考えて取捨選択し提案しています。

先生方には忙しい中お時間を作っていただいていますし、ご希望に合った提案ができて、転職のお手伝いができたら一番嬉しいですね。

MRTは新卒にとって働きやすい環境?

とにかくみんなが仲良くて、先輩方もとても良くしてくれて、とにかくチーム力がいいです!また、同じ部署だけでなく他部署の先輩たちと飲みに行くこともあります。

他の部署では使っているシステムが違ったり医療機関との関わりも違ったりするのですが、部署が違ってもわからないことをすぐに聞ける環境や雰囲気なので仕事をする上でとても助かっています。

私が所属している渉外チームは、チームとして目標に達成できるかどうかを大事にしています。
そのため、個人個人の目標のために最善を尽くしながら、なにか困っている人がいたらみんなで協力しあえる良い環境が築けているのだと思います。

最近では2019年卒の新卒社員が入ってきたので、2年目としてこれまで教わったことをアウトプットしつつ、困っていることはないか気にかけるようにしています。
 

部署のメンバーとは仕事後によく飲みに行きます!

凹んだときの対処法は?

お酒を飲んで寝ること!
友人に話を聞いてもらったり。

起こってしまったことは変えられないので、今後どう対応するか、同じようなことが起こらないようにするにはどうすればいいかを考えるように気持ちを切り替えるようにしています。

新卒から質問!MRTってやっぱり違うなと思うところ

先輩の年齢が比較的近いので、とにかく仲がよくてフラットなところです!

自分の部署だけでなく他部署の人たちとも仕事終わりに飲みに行ったりできるのもいいところだなと思います。

ただ楽しい雰囲気というだけでなく、仕事のときはしっかりやるというオンオフの切り替えやメリハリがあるところもMRTの良さだと思います。


今回は2018年度MRT新人賞を受賞した林原にインタビューしました。
MRTでは新卒でも初年度から営業職で活躍しているメンバーがたくさんいます。

そんなMRTに

JOINしたい方はコチラ!

MRTでは挑戦できる環境が整っています。
そして若手社員がたくさん大活躍しています!!

MRTにJOINしたい方はコチラ!