「前職は理学療法士。現職はレギュラーチームのサブリーダー。」社員インタビュー~トニー~

アイキャッチ

トニーは中途で入社し、レギュラーチームに所属。
医師に定期非常勤の求人を日々ご紹介しています。

そして今年の1月からはサブリーダーに任命され、チームを引っ張ってくれています。
そんな新米サブリーダー【トニー】に今回インタビューしました!





2018年入社のトニー。MRTに入社した理由は?

前職は理学療法士として病院の臨床現場で勤務していました。
次のキャリアステップを考えていた時にMRTと出会いました。


理学療法士の立場からでも病院内における医師確保の重要性を感じていたため、
自分のこれまでの経験を活かし、医師の紹介会社という立場から医療業界に貢献できると考え転職しました。


入社した当初は覚えることも多く自分の事で精一杯でしたが、
前職を知っているメンバーから頼りにされることもあり、「自分の今までの経験を活かし貢献できている」という実感があり嬉しかったですね。





現在の業務を教えてください。

入社当初からレギュラーチームに配属され、定期的なアルバイト勤務をご希望の先生へお仕事を紹介しています。


私の主な1日のスケジュールを紹介します。

10:00 問い合わせ対応・先生の案件リサーチ
13:00 昼休憩
14:00 医療機関への電話営業
17:00  面談(対面・オンライン)
18:30  1日の振り返り、翌日の準備
19:00  退社

日によりスケジュールは変わりますが、代表的な1日のスケジュールはこんな感じです。









サブリーダーになった今の心境を教えてください。

紹介実績や後輩の育成といった点で自信を持つことが出来始めた時期にサブリーダーの打診をいただき、より会社に貢献していきたい思い、挑戦してみることにしました。


サブリーダーという立場上、今まで以上にチーム全体の数字や進捗を意識するようになりました。
自分の数字だけではなく、同じチームのメンバーのフォローや、
またリーダーのサポートをする立場でもあるので、全体を広く見るように気をつけています。


メンバー各々に営業スタイルあるので、そこを最大限に活かしながらチームで結果を出す方法を今は模索しています!




今後どんなサブリーダーになりたいと考えていますか?

理想は、チーム内のコミュニケーションをより潤滑に。
そしてみんながストレス無く働けるように、リーダーと他スタッフの間の歯車になれるようなサブリーダーになりたいと考えています。


私が尊敬している「アロハ」は、
営業面でも全面的に信頼されていて、かつリーダー陣とスタッフの軋轢が生まれないように、双方のことを考えながら管理業務を行ってくれています。


また、チームメンバーからとても慕われており、気兼ねなく相談ができる雰囲気を作り出せているのはアロハのすごいところだと思います。


そんなアロハのように、リーダーからも同僚・後輩からも慕われるようなサブリーダーになれるように日々精進していきます。


同時期にサブリーダーやチームリーダーになったメンバーもいるので、
密に連携を取りながら、より良いチームを作っていきたいと思います。
難しいこともありますが、それでも面白いと思えるのはMRTの良さだと実感していますね。






中途社員として入社したトニー。
前職とは違う形で社会に貢献するトニーから目が離せません!
そんなトニーと働けるMRTに・・・

JOINしたい方はコチラ!

MRTでは挑戦できる環境が整っています。
そして若手社員がたくさん大活躍しています!!

MRTにJOINしたい方はコチラ!