人事に聞いた!面接でどこを見ている?~中途編~

アイキャッチ

社員の採用や教育を担当している人事(HR)。
MRTに面接来る方が一番最初に関わる部署です。

以前投稿し好評いただいた、「実際採用面接でどこを見ているの?新卒編」に続き、今回は第二弾として中途の採用面接についてもHRに聞いてみました!

中途採用ではどんなところを重視しているのか、求めている人物像について
…今回もMRTの人事担当・鳥居がお話しします。
 

中途採用の面接で重視しているところは?

中途で面接を受けてくださる方が、

・MRTで何がしたいのか
・ご本人がやりたいことはMRTで実現できるのか

というところを一番重視しています。

転職をしたいと言って来てくださる方との面接で「この人はMRTの雰囲気に合うな」と感じても、その人のやりたいことがMRTでできるのか、入社後にその人の魅力や実力をもっと引き出せるかどうかというところもよく見るようにしてますね。

(編集者:退職理由は見ていますか?)

退職理由も聞きますが、退職理由よりも「MRTで何がしたいのか」という部分の方が大切だと思っています。

退職理由はネガティブな理由ばかりだと少し懸念してしまいますが、例えば転職歴が多かったとしても1年半~2年ずつくらい継続して勤務していればそこまで気にしませんね。
 

中途採用の面接でのポイントを話す鳥居

中途社員に期待すること・活躍できる人はどんな人?

中途社員の方には「マネジメントをしてみたい!」「自分がやってきたことを下の人達に教えて育てたい!」という気持ちがあってほしいです。

活躍できる人は、素直に人の話を聞くことができて、考え込まずに「まずはやってみる!」と行動できる人だと思っています。

MRTはとにかくスピード感が大事な仕事が多いのでそれに対応できる人は活躍できます。

怖がらずにがつがつ挑戦する心が欲しいですね(笑)
 

どんな人がマネージャーに向いてる?

マネージメントに向いている人は、部下から「これってどうなんですか?」と意見を求められたときに「それは~だよ。」と正解を伝える人と思われがちですが、

MRTではすぐに答えを言うのではなく、「あなたはどう思う?」と意見を求めて、その返答にも「じゃあ、こういった場合はどう思う?」と助言するなど、部下が主体的に考えられるような指導ができる( 人を育てられる)人を求めています。
 

こんな人は面接受けてみて!

人とのコミュニケーションが好きな方や、今までプレーヤーでやっていたけど今後は組織の構築に携わってみたいと考えている方は是非面接に来てほしいです!

MRTは、会社から「あなたがマネージャーをやってください」と言うよりも、「マネージャーをやってみたい!」という意見を吸い上げてポストを用意するという社風なので、やる気と手を挙げる勇気がある人にはぜひ受けて欲しいですね!
 

本社だけでなく支社のメンバーとも交流があります!

 

今回は人事担当の鳥居に、中途採用で大事にしていること、中途入社の方に期待していることを聞いてみました!

MRTでは、部下を育てたい・プレーヤーとして活躍してきたけど一歩先に進んでみたいというチャレンジ精神のある方をお待ちしています。

そんなMRTに

JOINしたい方はコチラ!

MRTでは挑戦できる環境が整っています。
そして若手社員がたくさん大活躍しています!!

MRTにJOINしたい方はコチラ!